images (1)

今日生まれて初めて、ラーメン屋「東大に行ってきた。

店の外から漂う醤油の良い匂い満足そうに出てくる客の顔

これは味の偏差値も高いと思い
つい入店した。

この店は徳島ラーメン専門の店で、ラーメン界の頂点を目指す」という意味を込めて「東大」と名づけたそうだ。

注文はタッチパネルの食券をあらかじめ発券し、店員さんに渡すシステム。

私は一番安い「小」の540円の醤油とんこつラーメンを注文した。
1905okisumiama

券を渡す際に
「ニンニクはどうします?」と聞かれた。
_20200112_233547
入れてもらうことにした。

待つこと5分程。

店員「醤油とんこつラーメンお待ち!」
DSC_4550

おお......これは美味しそうだ。

スープの油は水面で黒く輝き漂う醤油の風味が嗅覚を刺激する。

(こいつ......誘ってやがる......)

店員「卵はおかわり自由ですからね!( ^ω^ )」コトッ

DSC_4552
※最初は5個ありました。

なんと!この店は生卵食べ放題のサービスをしていた!
_20200112_233745
しかも徳島産卵と書いてある。

グレートですよコイツはァ。

貴重なたんぱく質源である生卵が無料、しかも食べ放題というのはとても嬉しい。ラーメンの食べ方も広がる。なんて良心的な店なんだ。
DSC_4555

卵はいい、肝心なのはラーメンだ。さっそく麺を口にに含んでみる。
DSC_4554

旨い。旨すぎる。

醤油ベースのスープが、コシのある麺に絡み付く

特筆すべき点が、スープの奥深さ。口の中に入れるだけで決して一朝一夕で作られたスープで無いことがわかる。

黒醤油、豚骨の油、だし汁、その他の何十もの食材がスープに凝縮され、層のように重なりあっているその濃厚な味の深みは底が知れない。

味は濃いものの、醤油ラーメン特有のしつこさやくどさが一切なく、あっさりとした風味で食べやすい後味も素晴らしい

無料のニンニクも、このスープとは相性抜群。身体の芯から暖まる。

これ以上うまく表現できないが、考えに考えを重ね開発されたスープというのは理解できた。一口スープを啜るだけで素人の私でも感動する味だ。

ラーメンが私に語りかけてくる

「どうだ?旨いだろう?」

悔しい。悔しいがその通り。

味覚が敏感に感じてしまう......///


本当に旨い。

DSC_4559
あと、


柔らかく、スープを吸収したその味はまさに絶妙。口の中に広がる肉の食感とスープの重なりあった感覚は今でも忘れられない。

そのままでも美味しかったが、生卵と麺と一緒に食べるとすき焼き風で美味しい。
DSC_4556

麺と具材が無くなっても私の手は止まらなかった。何故ならスープが本当に旨いのだ。
DSC_4564

その輝きはまるで黒い宝石。その旨さに吸い込まれていく。

少食の私が、一瞬でお皿が空になるまで食べきってしまった。
DSC_4570

また、醤油とんこつラーメンの他にも
DSC_4566

120円高い塩とんこつラーメンもあった。こちらも美味しそうだ。
DSC_4567

セットメニューもある。
DSC_4568
ちょい飲みセットが気になる。

あんなに旨いラーメンが540円なんてとても驚いた。

ラーメンの平均価格帯は800円程だ。しかも醤油とんこつラーメンの「小」を選んだのに結構食べごたえもあり、

大満足のお店だ。

まさにラーメン屋「東大」は味の偏差値も高い最高の店だった。

近くにお店がある人は是非足を運んでみてほしい。


おわり