非常に興味深い動画を見つけた。時間があれば是非見てほしい。

【動画をまとめると】
①日本は性教育に対してタブー視する風潮がある
HkhqEb7_d
※イメージ画像 詳細不明
②望まぬ妊娠や病気のリスクがあるため母親達が自主的に性教育を広める活動をする。
Screenshot_20200210-211544

Screenshot_20200210-211517
③しかし未だに国は学校教育で直接的なこと(受精までの経緯)は教えたくない方針をとり続けている。
Screenshot_20200210-211948

Screenshot_20200210-211914

【見どころポイント】
・迫真紙芝居 0:08~
・小泉ジョーク18:42~
・便乗する若き安倍総理20:03~

本題に入る前に

Screenshot_20200211-033414
あれ.....
Screenshot_20200211-033145
このピンクの人.....どこかで見たことあるような.....
Screenshot_20200211-033241
.....あ!!!!
アンブ
ドローレスアンブリッジさん!?

マグル界で何してるんすか!まずいですよ!

Screenshot_20200211-031307
Screenshot_20200211-031119
団体「卵子が一番ピチピチしているのは、20歳~35歳!」

ん?

20才から35才が一番卵子がピチピチしてる.....?
36才で「まだまだいけるわよ」.....?

恐ろしく長い適齢期.....俺じゃなきゃ見逃しちゃうね。

20171224185250
.....でも高齢出産かもしれない母親仲間の目の前で「30代から卵子は老化します」なんて言えないよね.....。
36才

私が間違ってましたスイマセン.....。


日本の性教育は遅れてるのか

この動画を見てどう思われただろうか。「この団体の表現はやりすぎ」と思う人も「日本でももっと性教育をするべき!」と思う人もいるだろう。

直接的なことを教えたくない国と教えたい団体。一体どちらが正しいのか。まず日本の性教育と、海外の性教育を比較してみる。果たして「日本の性教育は遅れている」は本当なのか。

海外の性教育ビデオを見て戸惑う日本の学生達↓こんなん絶対笑うだろ.....


アメリカ

アメリカでは以下のような方針で性教育がされている。

総合的性教育(セクシュアリティ教育)」…性を生物学・心理学・社会学など多角的にとらえて1人の責任ある人間としていかに行動するかを教え、避妊・妊娠中絶・同性愛は否定しません。「禁欲教育」…結婚まで性交せずに禁欲生活を送ることがいかに重要かを教える教育です。「総合的性教育と禁欲教育をプラスしたもの」はどちらか一方に比重が置かれる場合があります。ある州の例ですが、43分の授業が年に45回組まれ、外部から講師を招くケースもあります。ゲーム的な作業や映画を見るなど、多くの手法が用いられます。さらに、性暴力や性的虐待を受けた場合に警察での事情聴取や法廷で証言できるように、幼稚園から高校までの間に(障がい者教育においても)性に対する正しい用語を年齢に応じて学習させています引用:若者たちの性事情と世界の性教育-ソフィはじめてからだナビ

また避妊具が学校で配られるなど日本にはない特徴もある。
米国ではHIVの感染が問題になって以降、安全な性行為を推進すべきだとして学生に避妊具を配布する学校が増えた。コロラド州の高校が1989年に配布プログラムをスタートさせると、1991年にはニューヨーク、1992年にはロサンゼルスの学区がそれに続いた。現在では数多くの州の高校が、このプログラムを導入している引用:米国の高校がおこなってきた「コンドーム配布プログラム」は失敗だった | クーリエ・ジャポン

更にゴムの付け方を教える子供向けアニメもある。”子供向けの”というところに意味があるのだろう。

普通に学べるなる動画だ。私に活かす機会があるか分からないが・・・

アメリカの性教育アニメを和訳するチャンネル↑

しかしアメリカで目立つのは性交経験の低年齢化と若者の性感染症の割合である。このアメリカのニュース記事では14歳から15歳の少年少女のうち3分の1の割合の子供が性交を経験し、更にHIVにかかる約4分の1は25歳未満だそうだ。これは日本と比較しかなり高い割合である。(これは性教育の問題だけじゃなくて国民性とか治安が関係してくると思うし、州によっても違うから日本との比較対象にならない気もする。)

オランダ

次に性教育先進国と呼ばれるオランダ。小学生のうちから性交為や避妊の仕方、体の変化など沢山のことを学ぶ。

具体的な性行為の方法や避妊、自慰行為について学ぶほか、デートの仕方や生涯のパートナーの選び方、そして離婚まで、小学生のうちにみっちり勉強。さらには、自分が異性愛者なのか同性愛者なのかを自覚することや、EDや包茎、月経不順などの性にまつわる問題、望まない性行為を避けるためのコミュニケーションの方法、性暴力の被害者になってしまった場合への備えなども学ぶという。
引用:性教育先進国オランダ 小学生が暗闇の中で避妊具着ける実習|NEWSポストセブン

実際のオランダの性教育現場の様子↓

このようになかなか斬新な教育をしているオランダ。

そして斬新なだけでなく実際に初体験年齢も中絶率も低いそうだ。

大胆な性教育を実施するからといって、子供たちは早熟になるわけではない。意外かもしれないが、オランダの少年少女の初体験はむしろ遅い。WHO(世界保健機構)が2016年に発表した、欧州および北米の40地域の15歳を対象とした調査
によると、全体平均で女子17%、男子24%が(15歳の時点で)性交渉を済ませている。その一方、オランダは女子16%、男子15%といずれも平均を下回っているのだ。引用:小学生がコンドーム装着実習…オランダの性教育がすごい!(倉田 直子) | FRaU

ーすごい!アメリカの半分以下だ!!(それでも15%高くね?)

オランダのカップルは避妊もしっかりするので、10代の望まない妊娠も少ない。オランダ政府の統計機関「CBS」によると、中絶率は10代全体の0.7%。イギリスやエストニアなどは2%を超えているので、他のEU諸国と比べても低い。北欧の国の中には、スウェーデンのように10代女子の出産率は低くても、中絶率は高いという国もある。そうみると、オランダの性教育は成功していると言えるのではないだろうか。引用:小学生がコンドーム装着実習…オランダの性教育がすごい!(倉田 直子) | FRaU

ー「ここ学校で習ったところだ!」としっかりゴムをつけることができたのだろう。

日本も
「オス」「メス」「受精!!」とかいうカードゲームを作っている場合ではない。


フランス

フランスの性教育の特徴としては保険体育ではなく完全に科学の授業としてロジカルに教えることである。

フランスには、そもそも保健や健康教育のような教科はなく、「サイエンス」という教科の生物領域のなかで「人間の性」を扱っています。中学の教科書では、基本的な生命誕生の仕組みを細かく教えたあとに避妊の説明になり、女性用避妊具や避妊具とピルを使用したときの失敗率などのデータなどまで、具体的に踏み込んで教えています。

コメント 2020-02-11 001004
コメント 2020-02-11 002447
引用:世界をヒントに考える これからの性教育① ヨーロッパ編 - 記事 | NHK ハートネット

性に関することをを日本のように変に一部隠すのではなく、科学的根拠と事実に基づいてきっちり教えることにより正しい知識を身に着けさせている。

3ヵ国を見てみるとたしかに日本の性教育は遅れていることが分かった。いやまてよ、しかし本当に

・・・日本の性教育が原因なのか?


※ここから自論です

ここまで記事を書いて、ふと思った

海外先進国の性教育は進んでいる。しかし私が思うことは”日本の性教育の弱さ”が子供の妊娠や性感染症を引き起こしているというのは間違いではないか。

アメリカはゴムを学校で配って使い方も指導しているが10代の妊娠率が世界で一位である。

団体の性教育をする活動も私は否定しない。しかし何が言いたいかというと、本質は「よくわからない・何も知らなかった」から妊娠したのではなく、ほかに何か原因があるのではないかということだ。

「行為の意味も知らなくて妊娠してしまった」「よくわからないけど裸になって入れたらできちゃった。」ではなく

未成年の望まぬ妊娠の場合

知っていたor知っていたが避妊しなかったor避妊を(しようとしたが)失敗した」というのが大半ではないのだろうか。

そしてその原因は「男」である。仲良いカップルの場合でも、中学生や高校生の年齢で女性のほうから「シたい!」と言うのはまず無いだろう(多分)つまり私の見解だが、

男の「シタイシタイシタイシタイよおおおおおおおおおお!!!」→「ゴムつけるからああああああ!!!!」→「出すとき絶対抜くからあああああ!!!!」→「安全日は大丈夫だから!!妊娠しないからああああああああ!!!!」

みたいなことを言って押し切っているのではないか。男と女の間では力も違うし半ば強引にされたというケースも想像できる。「シタい」と言う側であるのもパワーバランスが大きいのも男である分、自分のする行動に責任を持たなければならないのも男である。

しかし妊娠した場合負担は100%女の方に降りかかる。にもかかわらず責任放棄したり逃げる外道もいる。

つまり私は望まぬ妊娠や性病の大半は男の無責任さと底なしの欲望に起因するものだと考える。

欲望の先に待っているのは破滅である。私が性教育をするならフランスに習って科学的に生殖について教育するとともに中絶手術の恐ろしさ望まぬ妊娠をした人たちの声快楽の裏にある負の側面について延々語る。(それを踏まえての性教育なのだろうが)

私のブログを閲覧している方の多くは知的な紳士の方々なので女性を泣かせることはないと思うが


「もし君が彼女ができて舞い上がっている学生なら!!」


「責任のある行動をするんだぞ!!!!」

放吏
『ONE SHOT.NOT ONE OBLIGATION!!』
「一発に、無数の責務(義務)。」(全然うまいこと言ってない)


ちゃんとゴムは持ってるか?


えっ なんでこんなことを言うかって
・・・?















フフフ・・・良いだろう・・・教えよう・・・・














それは・・・・・・






























タイトル士衣
「そんな機会も持てない人間もいるからだ。」





おまけ

おまけ
「これは童貞と言って 今日のお話には一切出てきません。」










おわり      









スポンサードリンク