n

みなさんは「ほしいものリスト」というのはご存じだろうか。

ああ、あれねアマゾンのやつでしょ

そう、あのアマゾンのやつである。

「欲しいけど今回は保留かー」なんて時にぶち込むリストのことである。

しかし最近驚きの使い方をしている人を度々目にするようになった。

ブログに「ほしいものリスト」乗せて公開する者や

Twitterでバズった投稿に便乗して公開する者。↓

qdwx

2chで不特定多数の者に公開するなんJ民。↓



何も知らず彼らを見たとき、最初は「自分のほしいものリスト晒すとか恥ずかしくないのか…」と思っていたが、「ほしいものリスト」を公開することで赤の他人に無料で買ってもらうことができるという驚きの方法があることを私は知らなかった。

(知らなかったの私だけ?)

ふーん、リッチじゃん

なんて凄いシステムだ。

そして気になったのでツイッターで更に検索してみると

沢山の投稿が出るわ出るわ…

食料品からパソコン、自転車まで届けられており

スゲエ…と思った。

他にも沢山探せば探すほど出てくる。

これらの投稿を見て言いたいことは一つだけだ。

ほしいものリストで乞食してる人、送っている人、良く聞いてほしい。
あのさぁ…




















羨ましい。(´・ω・`)



食料品、ほしい


食料品は底辺無職にとって生命線でいくらでもあっても困らない。

生ものじゃなければある程度備蓄できるし好きな時に食べられる。

食費はデカいしマジで羨ましい。

ということで逆境男も彼らを見習って

「ほしいものリスト」乞食を

はじめ




ません。(´・ω・`)

…始めません。このほしいものリスト乞食はアマゾンから発送されるため個人情報がばれるリスクも無く誰でも安全に初められるのだが、どうも私には抵抗を感じてしまう。

タダで人から何かをもらうことに抵抗がかなりあるし、迷惑をかけてしまうのではないかという思いが強い。

生活が苦しいのは全て自分のせいだし、なんか人に迷惑をかけそうなのが嫌という謎の日本人精神。

確かにこのシステムは魅力的だけど…うーん。

マジで家を追い出されてホームレス寸前にんりそうな時にちょっと考え直すかもしれないが今のところする予定はない。(謎のプライド)

とは言ってもこのほしものリストを否定するつもりは毛頭無いし善意で成り立つ素晴らしいシステムなので、もしあなたがブログかツイッターのアカウントがあればやってみるのも良いだろう

解説サイト↓









もし仮に公開したとして、誰も送ってくれなかったらオフ会して0人みたいな気持ちになって落ち込みそう。







おわり