TOTOというバンド名の「Africa」という曲が好きだ。

TOTOはトイレのトートーではなく「トト」と読む。

この曲を初めて知ったのは中学生の時。

修学旅行でぼっちだった自分はひたすらバスの中でラジオを聴いていた。

周りの学生がワイワイトランプなんかをして盛り上がる中、必死イヤホンをして寝たふりをしていたのだがこの曲が流れてきて一瞬で好きになった。

当時の私は歌詞の意味なんて分からなかったが、どこか哀愁溢れる楽器のメロディーとノスタルジックなコーラスは修学旅行で憔悴した私の心を癒した。

今になって歌詞を見てみると、ただ単に男の子が空港で彼女を待ちながら「彼女マジ好きだぜ~」って歌ってるだけの曲なのだがそれでも良い曲だと思う。

洋楽は歌詞よりもリズムと雰囲気が大事なのだから。