「トリキの錬金術」という言葉があるらしい。

Go Toイートキャンペーンで1000円分のポイントが貰えるのを利用して、鳥貴族で327円の商品を一品だけ注文して店を周りまくってお金を増やすという方法だ。

ニュースでは「悪用」だとか「これはまずいですよ!」だとかいうコメントが多いか、私はそうは思わない。

何故なら今回の場合、仕組み自体に問題があったと思うからだ。

1000円以下の商品でも1000円分のポイントが貰える仕組みにしたのならば、このような錬金術は誰でも簡単に思い付くだろうし、それを最初から想定できない訳がない。

このような仕組みのミスが発覚したからといって、その利用者を責めるというのはどうなのだろうか。

記憶に新しいジェイコム株の誤発注事件も、買った投資家よりも誤発注した証券マンが悪いのだから。

また錬金術をする側も「店から嫌な目で見られる」というリスクを背負って店に行かなければならない。そのようなリスクに対する報酬として1000円分のポイントが貰える訳だから、錬金術師にも幾分かは理はある。

そしてそんなことをするのは大抵乏人なので富の再分配ってことでいいんじゃないだろうか。

ちなみに私は鳥貴の錬金術師ではないのであしからず。