逆境男

人生の苦境の中戦う者に幸あれ

カテゴリ: 自分語り

ワキガと呼ばれる病気をご存知だろうか。皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する体質のことでその精神的苦痛は計り知れない。日本人の場合は軽度のものを含めると全体の10~15%がワキガらしい。私はワキガでは無いが、その病を初めて知ったのは19歳の ...

ホスファチジルセリンという物質を知っているだろうか。リン脂質の一種で、接種すれば脳機能の改善・記憶力アップ・アルツハイマーの改善効果などが現れるそうで、科学的にも立証されている。私はこのサプリメントを学生時代に飲みまくっていた。私は昔からADHDっぽいところ ...

本日逮捕されたボビー・オロゴンさんについて語ろうかと思いましたが、あるウンコを漏らした時の記憶を思い出したので語りたいと思います。あれは中学1年生の時でした。当時の私は家と学校との距離が近く、朝は余裕をもって登校していました。どれくらい余裕だったかと言うと ...

私の住むアパートの近所にはよく猫が住み着いていた。嫌がる住民、可愛がって世話をする住民両者共にいたが私は基本的に見守る側だった。しかしある時からフンなどが問題視され、エサやりが禁止された結果1部の住民を除いて世話をする人はほとんどいなくなった。おばあさん ...

私は過去に株の信用取引とギャンブルで失敗し大学をやめた。大学から姿を消しても誰からも連絡が来なかったがそんなことはどうでもいい。その時残ったのは奨学金とクレジットカードの借金だけだった。しかしそのどん底から半年かけて死ぬほど働き、借金の大半を清算した。現 ...

誰しも自分の過去に後悔を募らせ、その呵責に苦しめられる。「あの時ああすれば良かった」とか「あの時に戻りたい」などと過去に縛られる。しかしその過去の自分は、その時のベストを尽くしたハズなのだ。結果的に悪かったとしても、自分が考え、行動し、判断してきたことに ...

あれは私が大学生になる前の18の冬の話だ。高校生活も終わり、「もし卒業してもDTだったら耳掻き屋に行く」と常々決意していた私は.....当然行くことになる。何故耳掻き屋を選んだかというと当時私は耳かきをする同人音声(耳掻きボイス)にハマっていたからだ。今でこそASMRの ...

秒速5センチメールという映画を知っているだろうか。「君の名は。」の新海誠監督の作品であり、ストーリーを簡単に説明すると幼少期ラブラブだった男女が引っ越しを機に離れ離れになり、男の方は女の子のことを「いつでも探しているよ~(山崎まさよし)」と大切に思っていたが ...

バレンタインデーには苦い思い出がある。「俺人生で一度も貰ったことないですwww」とかじゃなくてもっと複雑な話だ。あれは高校1年の2月の頃、1年も終盤に差し掛かりクラスにも”連帯感”や”絆”が生まれていた。私以外は。事の発端はバレンタインデーの日、私のクラスの ...

私は大学生の頃株の取引をしていた。"BNF"に憧れたのがはじまりである。貯金の100万円からスタートさせ、ビギナーズラックで最初の一月で14万円増えた。その後一年程の期間を得て資産は240万円になっていた。株の話はあまりしたくないが主な手法はデイトレードという手法で、 ...

私の人生の氷河期は中学生の頃だ。今もプチ氷河期だがこの時代よりはマシと思える。ブログを始めたばかりの頃にもこんな記事書いたっけな…私の学校生活に順位をつければ 中学<小学<高校=大学(卒業してない)になる。とにかく私の人生の中で一番時間を無駄にした3年間だっ ...

※この記事は自分語りです。何も面白い要素はありません。私は小学生の頃いじめられていた。今では笑い話だが。しかしそのいじめが終わると同時に、また他の人がいじめられるようになったことを覚えている。それはおとなしい女子だったと思う。この子をA子とする。彼女はあか ...

いきなりだが、本日自分のブログを閉鎖しようかというところまで悩んだ。皆さんは自分の無力さや力不足、存在意義に悩んだことはあるだろうか。私は今日考察系の記事を書こうと思っていたのだが、書きながら「こんなことして何の意味になる?」という疑問が浮かび、そしてそ ...

私の人生なんかに興味ないと思うが、自分のブログなので自分語りを許してほしい。興味なかったらスルーしてください。自分の人生一番最初にどこで間違えたかを思い返してみると、小学生の頃だ。私は小学生の頃のあだ名が「女好き」だった。その理由は、小学校高学年になって ...

ブログは思った以上に大変だったブログを始めて1か月半。ブログを書くことが生活の一部になった。しかしまだまだ文章を書いたり、内容を考えたり、絵を描くことに慣れない。今まで何も積み重ねてこなかった人生なもので、誤字やおかしな文も多くあり、読みにくいと文もあると ...

この記事に絵はないです。スミマセン。起きて食べて寝て起きて食べて寝て起きて食べてねる。こういう生活をずっとしているとふと真夜中なんかに「生きる」ことについて考えてしまう。「生きる」ってこういうことじゃないだろと。死んでなかったら生きてることになるのか?狭 ...

↑このページのトップヘ