今日仕事で残業しようとしたら、店で残業せずに家に持って帰ってやれみたいなことを言われたんだよ。

じゃあ残業代は出るんですか?って聞いたら

「お前はやる気が無い」とか「社会人としての常識がなってない」みたいなことを散々言われたんだよ。

俺は怒られながら、なんでそんなこと言われないといけないのかと滅茶苦茶ムラムラしながら聞いてたんだよ。

この前は休日出勤しろとか、残業時間カウントするなみたいなことを言われたし、「俺は働くために生きてるんじゃねぇ!」と叫びたかった。

しかし、「よっしゃじゃあお前クビな!一人で生きていけや!」って言われると何も言い返せなくなる。実際自分のような低スキル人間を雇ってくれる会社は少ない。だから結局言い返せない。


この葛藤の日々の中で私が選択できる選択肢は3つある。

1つは転職してよりホワイトな企業に就職すること。今よりはストレスフリーな生活ができそうだ。

2つ目は実家に帰ってフリーター子供部屋おじさんになること。今より社会的地位は下がるがスーパーストレスフリーな生活ができそうだ。

3つ目は貯金して独立…何もアイデアは無いが銀行の融資が通るならラーメン店でも開業したい。


…ちょっとまて、

俺は無職もフリーターも正社員も全て経験したが結局同じじゃねぇか…。

無職の頃はちゃんと働いたら幸せになれると思ってフリーターになって、それでも虚しくて。

正社員になったら幸せになれると思ったらより疲れるようになって、なお虚しくて。

結局学生時代から今まで自分の人生の幸せレベルは変わってない。

もし結婚とかしても多分虚しいし、子供ができても虚しいんだろう。

金が貯まっても虚しいし、金が無くても虚しいんだろう。

だったら人生の幸せって何だろうか。生きる意味ってなんだろうか。何しても虚しい。


多分日本が社会主義国になったらなったで自分は文句を言ってるだろうし、資本主義の今でも文句を言ってる。

多分自分がどんな状況に置かれても虚しさを感じるし、文句を言っているだろう。

多分その原因は環境云々じゃなくて自分自身の魂というか性格が根っから腐ってるのであって、腐った目で世の中を見ているから淀んだ世界に見えるのだろう。

つまり何が言いたいかというと。

多分私は何があっても幸せにはならないのだ。































はぁ…こういう落ち込んだ時はサウナに行くか、映画でも見てリフレッシュするに限る。


あの…あれだ。ガンダムの最新映画にしよう。

今上映中の「閃光のウォン・リー」だっけか。カンフー使って地球連邦政府を粛清していくヤツ。


「身構えている時には 便意は来ないものだ」

by逆境男